スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ料理 RAHOTSU 

すご~~~~く昔に一度お友達と行って「初めてタイ料理を食べた」のが
このお店 RAHOTSU(ラホツ)です。
会社からも歩いて行けるので「奈良町カフェ」にカテゴライズしました。

rahotsu (2)
この看板が目印、奈良ホテルの南東にあります。
地図をお店のHPより拝借。
img_access0.gif
小さな入り口なのでうっかり見逃しちゃうかもしれません。
rahotsu (3)
テーブル席が3つとカウンターが2つの少し小さめの店内には
タイフードの香りが広がっています。

お店の雰囲気は タイと奈良が融合した様な・・。
rahotsu (16) rahotsu (1)
道路に面したカウンターに可愛い鹿さん(*´ω`*)
rahotsu (5)

ラホツといえばの三輪素麺のトムヤンクンにゅうめん
↓ランチメニューです。
rahotsu (4)

ラホツさんは地元奈良の食材を使ったタイ料理屋さんです。
奈良の地鶏「大和肉鶏」を使ったグリーンカレーや、
近隣農家から収穫された無農薬野菜を使ったサラダなど、
地元の食材にこだわってます。
また、事前にご予約すればご予算やお好みに応じて
特別メニューも組んでくれるそう。(菜食主義の方にも対応)
辛いイメージのタイ料理ですが、辛くないお料理もたくさんあります。
お子様連れやご年配の方でも楽しんで召し上がっていただけます。

写真の画素が低くてあまり上手く撮れていませんが
rahotsu (12) rahotsu (13)
トムヤンクンにゅうめん         センレクナムコン

トムヤンクンはまさにタイの味!タイで食べたあの味!
タイ料理らしいハーブとスパイスがよく効いています。
美味しくて辛くて、お素麺が新鮮でまた食べたいです。

センレクナムコンは辛くないです。
でもとても爽やかでこれまたタイの味!
聞きなれない名前ですが、お米の麺を使ったタイ屋台定番メニュー。
奈良の厚揚げと大和ポークのミンチボール入り。
香辛料のきいた、黒スープ仕立てです。

お酢、砂糖、チリ、ナンプラーを一緒に持ってきてくれるので
お好みで調節してお召し上がりください。

地元奈良の食材を使ったタイ料理屋さんということで
トムヤンクンセットに付いてきた
飛鳥の蘇
rahotsu (6)

私は初めて知ったんですが、ご存じの方も多い有名な「万葉の味」だそうですね。

飛鳥の蘇とは「あすかのそ」と読みます。
簡単に説明すると 古代チーズ だそうで、飛鳥時代にシルクロードを通り、飛鳥の都へ伝わった様です。
大量の牛乳を煮詰めて作るので当時、一部の貴族階級のみが口に出来る高級食品でした。
今でも奈良でしか味わえない「古代の味」だそうです。
RAHOTSUさんのホームページでも説明されています。

チーズに似たな味もするし、香ばしい味もするし、
初物だったのですごく美味しい!というより不思議な感じ。
う~~んでもやっぱり「美味しいかも!」とハマってしまいました。
食感はカマンベールチーズです。

ランチセットのデザートはサツマイモのケーキ(のような。)
rahotsu (14)
すごくソフトな「舟和の芋ようかん」といった印象でこれも美味しかったです。

とにかく、タイ×奈良 がとっても私好みな RAHOTSU

夜も行きたいな~。


タイ料理 RAHOTSU

営業時間 11:30~14:30 ⁄ 17:30~22:00
定休日–月曜日(月曜祝日は火曜休)
tel ⁄ fax–0742-24-1180
駐車場–6台
  

mio







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここね、前に行こうとしたら、一人「私辛いのダメ」って言ったので
近くの鶏飯のお店に変えたんですよ。
行きたいのに、行けてないままズルズルときています。
あ~久しぶりに見て行きたくなりました!
あすは、高畑におNEWのお店に行って来ます♪
こうご期待です\(^o^)/

Re: No title

嬉しい❤いつもありがとうございます!

高畑すごく近いですね。今日はいいお天気なので楽しんで来てください。
飛鳥の蘇は召し上がられたことありますか?
ぷくぷくさんの感想もお聞きしたいです٩꒰ ˘ ³˘꒱۶~♥
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。