スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛烈にカレーが食べたい!! タリカロ

突然入り、一度入ると我慢できなくなる スイッチ。



カレースイッチ ON





カレーが食べたい。





カレーが食べたい。





カレーが食べたい。


これはココ〇チやコンビニのカレーでは済まされない
カレースイッチ 本気モード

と、いうことでパチパチとパソコンで近所のカレー屋さん検索して
自転車で行ってきました。



南インド系辛口カリー タリカロ
DSC00619.jpg

JR、近鉄奈良駅から徒歩10分位でしょうか。
やすらぎの道より西に1ブロック・・。
道路沿いにあるお店、
レンガの外壁に小さな看板とインド国旗がかかっています。
お店のマスコット的、象の神様のイラスト。雰囲気出てます。
DSC00610.jpg DSC00620.jpg

何せ初めて行くお店でブログ用に写真撮るのは緊張するもんです。
店内の写真はこれ一枚。
DSC00617.jpg
町屋とインドの融合といった感じでしょうか。
ライティングや小物使いでかなり雰囲気出てます。
カウンター席とテーブル2席

カレーもさることながら、ドリンクメニューもかなり充実している様。
とくにアルコール類は、さまざまなリキュールやワインのボトルが置いてました。


事前の調べによると、激辛で有名とのこと。
ある程度の辛さは好きなので来てみましたが
DSC00611.jpg DSC00613.jpg

DSC00612.jpg
やっぱりビビッて中辛のチキンキーマカレーセットをチョイス。
だって、となりの席のお姉さん達ずっと「辛い、辛い」ってむせてはるんやもん。

ライスの横にはインドのピクルス。そしてライスにかぶさっているのが
パパドゥといって、豆の粉から作ったお煎餅
味はうす塩味のお煎餅そのものでした。
(こちらはナンはありません。)

このパパドゥを割って、ピクルスも一緒にライスに混ぜます。
DSC00615.jpg
ほんとは、プレートの左に乗っている「甘くないヨーグルト」もライスと混ぜるんですが
さすがに、見せられる画ではないので ヨーグルト前の写真です。

こうして、ライスに「カレーの辛さをまろやかにする」細工をほどこして・・・
DSC00616.jpg
赤いのがチキンの挽肉キーマカレー、右の黄緑色のが豆カレー







からっ!

からっ!!

かっら~~~~~~~~!!!



中辛にしといて良かった!!!セーフセーフ!

豆カレーは「まぁ、辛い」程度
キーマカレーは「かっら~~~~!」です。
汗、出る出る。



食べれない辛さではないけど、ほんま中辛にしといて良かった。
私も隣のお姉さんの様に友達と来てたら、確実に騒いでました。
でも、一人で行ったからすっごく冷静を装えました。
そんな辛さ・・これ伝わります?

とにかく「ギリギリ痛くない辛さ」でした。
しかし、カレー熱は満足に治まりました(*^_^*)
後引く辛さではないのがまた美味しい。
代謝はぐっと上がった様で帰るころには気分爽やか!



次回は・・マイルドなエビカレーセットを食べに来よう。




南インド系辛口カレー タリカロ

奈良県奈良市南魚屋町6-1-3
TEL 0742-24-1437

営業時間 11:30~14:00
18:00~21:30(Lo 21:00)冬タイム
定休日 月曜日・木曜


mio
スポンサーサイト

明神山 ハイキング

30分で登れる頂上からは
晴れていたら明石海峡大橋を望めると聞き、

日曜の11時ごろ、やってきました。
DSC00632.jpg
住宅街にいきなりそびえる鳥居
北葛城郡王寺町にある標高274mの明神山

鳥居をくぐり、5分ほど住宅街を歩くと参道に入ります。

DSC00636 m

明神山は大阪と奈良の府県境にある金剛山脈の北端に位置します。
その名前と鳥居の由来は、もとは太神宮(天照大神をまつる神宮、すなわち皇大神宮)だったらしく、内宮、外宮、宇治橋までもあり、参拝者で賑わったそう。
それがある時,郡山藩主が「ここは偽の太神宮だ。」といって壊してしまったとのこと。
真相は分かりませんが、今は山頂に「水神様」がまつられています。
DSC00656.jpg DSC00666.jpg 

さて、参道は比較的歩きやすくハイキングにぴったり!
DSC00644 min
写っているのはうらやましいくらい姿勢のいい夫です。
DSC00650 n
保安林ということもあり、自然がたっぷりです。
傾斜も緩やかな道が多く、お弁当を持って登っても負担
にはならないコースです。

あっという間に山頂へ。
DSC00664.jpg
お天気に恵まれませんでした・・・
この奥に六甲山が見えるそうです。

しかし、程よい汗をかけて気持ちのいいハイキングでした。
山頂は広場になっていてお弁当を広げてらっしゃる方もいました。

おとなしく来た道を戻ればいいのに、往路で見つけたこの看板
DSC00655 mi
コースから脇道へ「へんろ(遍路)道」への案内です。

これが行ってみたら、大変なけもの道でした。
拡大してご覧ください。
DSC00674.jpg DSC00676.jpg
危ない道にはロープが張られててそれをつたって下ります。
ロープを持っても怖い道がたくさん。
それなのに、右の写真。分かりますでしょうか?
タイヤ痕が!!!
写真に撮れなかったのですが、
モトクロスバイクが このけもの道を走って行きました。
幻かと思うくらいの、歩くのも大変な道。
幻ではなく、ライダーさんの練習山にもなってるそうです。
DSC00682 min DSC00683.jpg
沢も越えて・・まさかこんな道になるなんて~~
我々は遭難してないと。道中にあるこの白いテープを信じて下ること
1時間半・・・お腹すいた。

山中に突然現れる「辰神大神」の大岩
DSC00686.jpg
今年の干支にちなんで、なにかご縁があったのだろうと、
無事に登山できたことに感謝して礼拝しました。


ようやく下山!
DSC00690.jpg
ここから車を停めていた場所までさらに30分歩いて・・
ようやく2時、お昼ご飯にありつけました。

明神山




ら・くら 田原本町

今回は奈良市内を離れて・・・
磯城郡田原本町のケーキ屋さんをご紹介します。

何年か前のクリスマスにこちらのホールケーキを
夫が買ってきてくれたのがきっかけでした。

二人暮らしなのにホールケーキなんて。と
思ったのに、美味しくてほとんど一人で平らげてしまいました。

さてお店の紹介です。
駅から遠いので、車で行かれることをお勧めします。
京奈和道路の橿原北出入り口から5分ほどです。

薬王寺の交差点から県道112号線を東に走ると、すぐ
DSC00491.jpg
この看板が見えます。

手作りケーキ ら・くら

駐車場完備
DSC00492.jpg

イートインスペース
珈琲やラテなど、ドリンクメニューもあるそうです。
DSC00493.jpg


DSC00494.jpg
ずらっと並ぶケーキたち٩꒰ ˘ ³˘꒱۶~♥

DSC00497.jpg DSC00499.jpg
マカロンは一つ147円です。
プリンもとろとろで美味しくて有名。

さてこの日は来客があり、色んな種類のケーキを買いました。
DSC00498.jpg



店員さんに選んで頂いたケーキをいくつかご紹介します。

DSC00527.jpg DSC00531.jpg
左が見たままの「ガトーショコラ」、右が「苺のタルト」

ら・くらは何が美味しいって・・
全てショーケースカウンターの奥のキッチンで手作り。
使ってるフルーツも新鮮で美味しいんです。
スポンジもカスカスしてなくて、なんせクリームが美味!
ちゃんと甘いのにオイリーじゃないので、ホールケーキも20代なら一人で平らげられても不思議じゃない!

DSC00539.jpg DSC00535.jpg
左「磯城の里」、右「バニラムース」
この磯城の里は「しきのさと」と読む、求肥を使ったケーキです。



焼き菓子も豊富にあるので、手土産にも◎
DSC00495.jpg


手作りケーキ ら・くら

参考サイト(食べログ)
住所:奈良県磯城郡田原本町大字藥王寺115-1
TEL:0744-32-8639
定休日:火曜休(祝日の場合は翌日休)
営業時間:10:00~19:00


店頭にラベンダーがたくさん咲いてて和みました。
DSC00501.jpg







sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。