スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるすらぱん

元興寺の南に隠れ家の様なフレンチレストランを見つけました。


まるすらぱん


夜に行ったので写真が分かりにくいですが
マルスラパン
フランス語で「3月のうさぎ」です。

格子窓がある旧家に大きなフランス国旗がかかっているオシャレな外観。
内装はカウンターとテーブル席の落ち着きのある洋風でした。

事前に調べたらコース料理のみ、席数が多くないとのことで
予約していきました。お昼でも予約がベターの様です。

初めて行くお店だったので

¥6000 (税込)
アミューズ・前菜・お魚料理・お口休め・お肉料理・パン・デザート・コーヒー・ミニャルディーズを予約しました。

ホテルレストランで修業されてきたシェフがキッチンでもくもくとお仕事されていて、一見怖そうなんですけど^^;お料理の説明やワインの相談にニコニコ対応してくれました。
その他は奥様がサーブしてくれます。
ご夫婦で切り盛りされてるみたいですね。

まずアミューズは
白アスパラとキャビアの乗った生ハム、手前が旬のホタルイカ
※行ったのは5月1日でした。
DSC00280.jpg
1人分のアミューズに、全く同じお料理を2つお皿にのせてくるのか・・
と正直驚きましたが、食材を厳選されていて美味しかったです。
素材だけの味、じゃなくて「素材を引き出す」味付けをされていました。

撮り忘れましたが、パンも美味しかったです。
焼き立てを出してくれるので温かくて、生地から手作りだそうです。
お水もお庭で育てられたミントをたっぷり使われてて、
お食事によく合いました。



前菜です
DSC00282.jpg
右が大和ポークのテリーヌ、奈良の野菜、ウズラ卵の黄身を付けていただく・・・豚だったかチキンだったか忘れちゃった。すみません。

私なんと言っても大の豚好きで。テリーヌの「お肉の甘さと脂の濃厚さ」のバランスがが美味しくて(*´ω`*)
お野菜も新鮮でした。
もちろんそのウズラの黄身で味付るお肉も◎
前菜にしては分厚目にカットされていて、満足です。

スズキ
この日のお魚はスズキでした。
肉厚でふんわりしてました。お魚も美味しかったんですが
全体的にマルスラパンさんは使われている野菜が美味しいですね。
出来るだけ奈良のお野菜を使われているそうですが、きっと目利きでらっしゃるんだろうな~。



そしてメインに行くまでに出てきた「お口休め」は
大和茶のシャーベット
大和茶のシャーベット
これがまた一緒に行った夫に好評で「家で作って!」と言われました。

すっごい暇になったらトライします。

大和茶にグラニュー糖入れてシャーベットにしてるんだろうけど
甘さが優しくてお茶の香ばしさもあって、私もまた食べたいですもん。

さ、いよいよメインです。
夫は仔牛(たぶん^^;赤ワインソース)
DSC00288.jpg
私は鴨です。
DSC00287.jpg
鴨がちょっと甘めのクランベリーソース。
夫はこの甘さが苦手の様でしたが、鴨によく合ってました。
仔牛もやわらかくて、味付けだけじゃなくて火の入れ方も丁寧なんだろうな~。とうかがえます。

けっこうお腹も膨れてきましたが、デザートは別腹(*´ω`*)と楽しみにしてたら
このボリューム!!!ここまでの余裕はなかったです・・・
DSC00291.jpg
綺麗な色のソースがかかった焼きリンゴとパイ、自家製のアイス。
左に見えますでしょうか、ガトーショコラ。
一瞬見逃す写真ですが、ガトーショコラです。


いや~~~全体的にお料理の味付けもボリュームも◎
コスパも良いと思います。

でもデザートこんなに盛られるのは食後の余韻を楽しめなくなりますね。
満腹なのに全部いただく私もいやしいのですが。


お料理はとっても美味しかったです。

食後のコーヒーor紅茶がもう少しレベルアップすると
完璧です。お料理と比べると荒い味だった気がします。


でもしつこいですが、お料理は間違いないですね。



まるすらぱん

定休日 水曜日

〒630-8321
奈良市薬師堂町9番地

0742-26-8959





スポンサーサイト

ノモケマナ

奈良ホテルの南東に位置する
自家製酵母と国産小麦のパン ノモケマナ

反対から読んだら なまけもの。
どんなお店なんだろ~と気になってました。

福知

ちょうど向かって左に写っている赤い看板が前回ご紹介した
奈良の食材を使ったタイ料理のラホツさん
その右隣がノモケマナさん。
大きな目印はないけど、「福智院北」交差点の北東です。

開店日は店頭にかわいい黒板がでます。
SBSH0494_20120504153710.jpg


店内に入るとパンの焼いたいい香り~(*^_^*)
イートインスペースもあるので、高畑散策の休憩に寄るのもいいですね。
こちらも会社から歩いていけるお店です。
この周辺は歩いたり、自転車で走るととても気持ちがいいので散策されるのオススメです。

ノモケマナさんはケーキ屋さんみたくショーケースの中パンが並んでいて、食べたいパンを注文して店員さんに取ってもらいます。
SBSH0495 (2)

お店の案内には、
「じっくりかみごたえのあるパンたち。
粉をシンプルに味わうフランスパン、ライ麦のどっしりしたうま味のドイツパン。
手作りのジャム、あんこ、クリームを使った菓子パンなど。
全てのパンに無農薬、有機栽培の小麦を挽いた全粒粉を配合しています。」と書いてありました。

菓子パンやおかずパンの味より、パンの生地を味わいたい私は
その文章を読むだけで、も~わくわく!!!

どのパン屋さん行っても絶対買うのがクリームパン。

こちらのは「平飼いたまごのクリームパン」という名前が付いてました。
D.jpg
こっくりしたカスタードを想像させる良い色です(*´ω`*)

食べてみると、カスタードはちゃんと玉子の風味がする濃くて優しい味。
生地は小麦と塩の味がしました。
正直、甘さとしょっぱさが少しケンカしてる感じはするんですけど、
なぜかハマっちゃいました。もう一個食べたい!

とにかく生地が美味しい。酵母菌の味がする。
カスタードと食べたから余計にしょっぱく感じたけど
これはしっかり噛んで味わいたい生地です。
Image_20120517174006.jpg
うーん(・з・)この色のカスタード好きです。

SBSH0499 (2) SBSH0500 (2)
これはオリーブのフォカッチャ、と無花果のスコーン

オリーブの味と香りが生地とマッチして美味しかったですね。
スコーンもね、いいパサパサ具合で、紅茶と合います。


ショーケースにはいろんなパンが並んでいたので
(だいたい30種類並んでいるそう
クロワッサンも美味しいとのこと!!!)
次行くのが楽しみです。



ノモケマナ



HP: 参考サイト(食べログ)
住所: 奈良県奈良市高畑町1076-1 春藤第2ハイツ1F
電話: 0742-24-4560
定休日: 火曜・水曜
営業時間: 9:00 - 19:00

氷室神社

奈良公園の近くにある氷室神社に行ってきました。

DSC00254.jpg
奈良公園の敷地内にある国立博物館の道路向かいにある、
決して大きくない神社です。


この日は年に一度の 献氷祭
DSC00251.jpg

奈良のイベント情報を更新する際に初めて知ったのですが、
この献氷祭には夏の好天と商売繁盛を祈り全国の製氷業さんが
集まるそうです。


氷室の神社は、「氷室=氷の貯蔵庫」があったことに由来する神社で
平城遷都の頃から、氷を貯蔵して平城京に奉納していたのだそうです。
その後、途絶えたこの風習を1961年に大阪の氷業界などに呼びかけて
復興し、毎年5月1日の「献氷祭」として伝わっています。
製氷業界の守り神をお祀りする神社として、全国の製氷業者さんから
熱心に信仰されているそうで、祭神も氷関係の神々。

境内に入る前に、私は必ず鳥居の手前で一礼します。
大神神社(みわさん)ではされている方をよく見ますが、
どの神社も同じで、境内は神様のお家なのです。つまり鳥居は玄関。

「おじゃまします。参らせてもらいます。」の気持ちを込めて
必ず 入るときと出たとき一礼します。

鳥居をくぐると
DSC00222.jpg
どの神社にもありますね。手水舎。

これにも意味があります。
左手、右手、そして水を手で受けて口を濯ぎます。
神様にお参りする前に体を清めましょう。ということですね。
DSC00221.jpg
今年の5月1日は曇りでしたが日が出るとチリチリと
もうすっかり夏の日差しです。

あ、境内も決して真中は歩きません。
真中は神様の通り道だから、両端を歩くようにしましょう。

それにしても立派なしだれ桜の木。
氷室神社の桜は奈良で一番最初に開花する。
ということで、とても有名なようです。
DSC00247.jpg
DSC00248.jpg

献氷際の本日、境内には・・・
DSC00224.jpg
氷柱がぼつぼつ、と置かれています。
そして本殿前では
DSC00232.jpg DSC00236.jpg
生演奏で雅楽の奉納が一般公開されています。

本殿には大きな氷柱が奉納
DSC00246.jpg
この雅楽、たくさんの方が見に来られていました。

さて、夕方 境内の両端に置かれていた氷柱が増えています。
DSC00259.jpg
DSC00258.jpg
氷柱の形も様々です。


そして、日没直後から この氷柱に灯が燈されます。
DSC00263.jpg
毎月一日は献氷灯といって、
氷のキャンドルライトアップが境内で行われいます。

真夏もお正月も・・桜のコラボレーションも素晴らしいそうです。
日没直後のうす暗さとキャンドルの灯がとても素敵でした。
DSC00275.jpg

真向かいに奈良公園があるのに、ここはまったく異空間の
空気が漂ってました。
神社独特の澄んだ空気と氷の清涼感、キャンドルの幻想的な燈火・・
それらが仕事や日中の疲れをすっかり癒してくれました。

余談ですが、日没後 道路を走る車がぽつぽつ点け始めるホグランプ。
私はあれを見るとすごくワクワクします。
お家に帰れる喜び、夕飯の楽しみ・・それらがあの灯りからこぼれ出して
いるようで、日没直後の氷室神社はそれを思い出しました。


mio

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。