スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良町 界 PAO

k
界(KAI) とは奈良町の路地一角にある集合店舗 HP
外観がモダンな町屋で、前を通ると必ず目に止まります。

その中に入ってるPAOならまち店に行ってきました。
もう表向きもかわいい。
SBSH0494_20120327133134.jpg


店内はウナギの寝床になってて細く奥行きがあります。
SBSH0471.jpg
テーブルが5~6席とカウンター

天井がすごく高くてちょっと南国のバーみたいなインテリア
SBSH04651.jpg

SBSH0470.jpg
南向きの窓が大きくたくさん取られていて
観葉植物も立派にすくすく育ってました。

自家栽培の黒米自家栽培のコーヒーが有名で
押熊店もとても人気だそうですね。
その自家製黒米を使った
一日15食限定の「黒米・黒カレー」を注文しました。
SBSH04671.jpg
牛肉と玉ねぎをじっくり炒め、果物や香辛料といっしょに
コトコト煮込んだPAOの黒カレーは、甘味、コク、
辛味の順に口の中に広がります。
お家では出せない味でした(*´ω`*)

いっしょにいった友人は「黒米パンのサンドランチ」を注文
SBSH04681.jpg
黒米で作ったもっちり米粉パンのサンド。
セットのスープも美味しかったそうです。

ランチ以外にもカフェメニューに
自家製黒米を使ったスイーツが充実していました。
黒米ぜんざい、魅力的でしたね~

レストラン&カフェ PAO ならまち店 



mio
スポンサーサイト

本格的インド料理 MANNA糧

今日のランチはカレーな気分だったので
≪本格的インド料理 MANNA糧≫を訪れました(*^^*)

三条通り・開化天皇陵のそばに位置しています。

ここのカレー屋さん、
シェフはインドの五つ星レストラン出身だそうです。

店内の雰囲気は静かでまったりとしています。

SBSH0508.jpg
壁掛け布がインドっぽい!
レジの背後(店内の目立つところ)には、ガネーシャが描かれた布がかけられていました。
ガネーシャ(ヒンドゥー教の神様の一人)が商業の神様といわれるからでしょうか?

SBSH0507.jpg
ランチBセット(チキンカレー&日替わりカレー)

このお店で取り扱うのはチキンカレー、ベジタブルカレー、日替わりカレーの3種類。
Bセットではそのうち2種類を選ぶことができます。
この日の日替わりはジャガイモとえのきのカレー。

ナンがお皿からはみ出すくらい大きくてビックリしました(^^)
ナンの下に埋もれていた白米タンドリーチキンにしばらく気づきませんでした(´‐`*)←

この大きいナン、780円以上のランチを頼むと食べ放題になります。

ナンですが、もちもちして、ちょっぴり甘みがあるためスパイシーなインドカレーにピッタリ!
だから甘めに作ってあるのかな?
カレーはスパイシーと言っても、日本人の口に合うようにマイルドな辛さになっています。
一緒にランチをとった社長は、
サラダの胡麻ドレッシングが予想以上に美味しかったらしく感動していました(´u`*)

この日はおひとり様の方が多かったです(^^)
気軽に入店できるお店なんですね。


本格的インド料理 MANNA
奈良市下三条町44-2 富士屋ビル2F
11:30~14:30、17:30~22:00(土日祝11:30~17:00)
定休日 無休
電話 0742-26-4000

猛烈にカレーが食べたい!! タリカロ

突然入り、一度入ると我慢できなくなる スイッチ。



カレースイッチ ON





カレーが食べたい。





カレーが食べたい。





カレーが食べたい。


これはココ〇チやコンビニのカレーでは済まされない
カレースイッチ 本気モード

と、いうことでパチパチとパソコンで近所のカレー屋さん検索して
自転車で行ってきました。



南インド系辛口カリー タリカロ
DSC00619.jpg

JR、近鉄奈良駅から徒歩10分位でしょうか。
やすらぎの道より西に1ブロック・・。
道路沿いにあるお店、
レンガの外壁に小さな看板とインド国旗がかかっています。
お店のマスコット的、象の神様のイラスト。雰囲気出てます。
DSC00610.jpg DSC00620.jpg

何せ初めて行くお店でブログ用に写真撮るのは緊張するもんです。
店内の写真はこれ一枚。
DSC00617.jpg
町屋とインドの融合といった感じでしょうか。
ライティングや小物使いでかなり雰囲気出てます。
カウンター席とテーブル2席

カレーもさることながら、ドリンクメニューもかなり充実している様。
とくにアルコール類は、さまざまなリキュールやワインのボトルが置いてました。


事前の調べによると、激辛で有名とのこと。
ある程度の辛さは好きなので来てみましたが
DSC00611.jpg DSC00613.jpg

DSC00612.jpg
やっぱりビビッて中辛のチキンキーマカレーセットをチョイス。
だって、となりの席のお姉さん達ずっと「辛い、辛い」ってむせてはるんやもん。

ライスの横にはインドのピクルス。そしてライスにかぶさっているのが
パパドゥといって、豆の粉から作ったお煎餅
味はうす塩味のお煎餅そのものでした。
(こちらはナンはありません。)

このパパドゥを割って、ピクルスも一緒にライスに混ぜます。
DSC00615.jpg
ほんとは、プレートの左に乗っている「甘くないヨーグルト」もライスと混ぜるんですが
さすがに、見せられる画ではないので ヨーグルト前の写真です。

こうして、ライスに「カレーの辛さをまろやかにする」細工をほどこして・・・
DSC00616.jpg
赤いのがチキンの挽肉キーマカレー、右の黄緑色のが豆カレー







からっ!

からっ!!

かっら~~~~~~~~!!!



中辛にしといて良かった!!!セーフセーフ!

豆カレーは「まぁ、辛い」程度
キーマカレーは「かっら~~~~!」です。
汗、出る出る。



食べれない辛さではないけど、ほんま中辛にしといて良かった。
私も隣のお姉さんの様に友達と来てたら、確実に騒いでました。
でも、一人で行ったからすっごく冷静を装えました。
そんな辛さ・・これ伝わります?

とにかく「ギリギリ痛くない辛さ」でした。
しかし、カレー熱は満足に治まりました(*^_^*)
後引く辛さではないのがまた美味しい。
代謝はぐっと上がった様で帰るころには気分爽やか!



次回は・・マイルドなエビカレーセットを食べに来よう。




南インド系辛口カレー タリカロ

奈良県奈良市南魚屋町6-1-3
TEL 0742-24-1437

営業時間 11:30~14:00
18:00~21:30(Lo 21:00)冬タイム
定休日 月曜日・木曜


mio

スタミナラーメン さとべー 斑鳩町

以前から気になっていた。

JR法隆寺の踏切北側にある
こちらのお店 スタミナラーメンさとべー

1340796131177.jpg

お世辞にも「きれいなお店」「入りやすいお店」とは言えず
美味しくなくても嫌だし、怖い雰囲気でもいや。
勇気を出すのに月日が経ち、気になってから2年弱。


近くで飲んだ帰りにお酒の勢いも手伝って
えいっ!!と、入店。
DSC_0533.jpg
この のれんをくぐると・・


DSC_0541.jpg DSC_0538.jpg

きゃ~~~~~想像通り!!
年期入ってます。
ちらっと写真にも写ってるマスターがまた強面(笑)
カウンターのみのお店です。

DSC_0535.jpg DSC_0537.jpg

カウンターにある食べ放題のピーナッツ。
瓶ビールとラーメン注文して様子をうかがっていると・・
5分ほどして、先に来たのが私のラーメン500円
DSC_0539.jpg
さぁ、これで美味しくなかったらもう最悪です。
いただきます・・・


ありゃ!?


これは・・




美味しい!!!


美味しいんです!
醤油ベースにコショウが効いてて
こりゃうまい!
シメにこんなラーメン食べれるなんて、勇気だして入ってよかった!

チャーシューも厚めで美味しい♡
DSC_0543.jpg


そうこうしていると、店内にニンニクの香りが広がって
夫のスタミナラーメンも来ました。
DSC_0545.jpg

スタミナラーメンも美味しい!
麺は細めの玉子麺。
具は白菜、ニラ、豚肉です。
スープは、豚骨鶏がら醤油味です。
辛さは控えめです。
揚げニンニクが入っているので結構熱いです。

いや~~よかったよかった!と上機嫌になり
マスターに話しかけてみると、マスターもええ人でした。
夫が「スタミナラーメン美味しいですわ~、昔の彩華ラーメンみたいやね」と言い放ち
「それは・・失礼ではないのか?」と横でヒヤッとしましたが
「昔ボクそこにいてたからね!」とマスター

「そ~なんや!どうりで懐かしい味やわ!」と夫
「ありがとう!」とマスター

あ~~~怖かった!
発言が破天荒気味な夫は怖いわ!


それからマスターはご家族の話やいろいろ話してくれました。

定休日を聞くと
「空いてたらラッキーくらいに思っといて!
それでも週4は最近開けるように頑張ってんねん」と。

DSC_0547.jpg


あ、なるほどね(*´ω`*)

ラーメン以外のメニューが店舗の大きさに比して
多いように思いました。
どさん子ラーメンの「カレーラーメン」もあって
なんでなん?と聞いたら「好きやから(^^)」とのことです。

お店の電話もないようで、定休日も謎ですが
場所はJR法隆寺駅の踏切北側です。
すぐ分かります。

近くに行かれた際は開店してるか見に行ってください。
開いてたらラッキーですよ!





三たて蕎麦 春知

少し前ですが、「三食、蕎麦でもOK」な蕎麦好きと行ってきました。

生駒山の中腹にある
三たて蕎麦 春知

車でしか行けないけど、なかなか細い山道を上がって行きます。
(電車は最寄りの近鉄南生駒駅からタクシーで10分前後かしら。)

こんな道です。対向車は待避ポイント選びが必要です。
DSC00718.jpg

無事に着いたお店の裏にある駐車場には謎のオブジェ・・・
DSC00920.jpg
これを見たら「運転お疲れ様」と言われた気になりほっとします。

場内には無人販売コーナーもあり、季節のお野菜やお花が売られてます。
DSC00918.jpg DSC00919.jpg
この日は安納芋と干し柿が美味しそうでした❤

築100年弱の古民家を改築したお店の玄関
DSC00933.jpg

中に入ると、土間を挟んでお台所と広~い客間があります。
DSC00932.jpg

DSC00711.jpg

二人で行ったのでお庭に面したお席に通していただきました。
DSC00698.jpg
全席掘りごたつで足も楽です。

DSC00694.jpg
お花や食器など細かいところも古民家の雰囲気が出てて
とっても落ちつくお店なんです。

さてさて、お昼は単品とそば粉を使った会席があります。
予約して行った方がベターでしょう。

会席の吉野、金剛の前菜
DSC00925.jpg
向かって右から「紫芋の蕎麦豆腐」「キノコとベーコンの蕎麦茶和え」「蕎麦粉とナッツのキュッシュ 塩麹」
そば粉のキッシュは厚揚げを焼いたような食感でした。

椀物は、もちろん蕎麦がき
鱧と松茸の土瓶蒸し風で温まります(´∀`)
DSC00926.jpg

夏に行った時は「タピオカの紫陽花仕立て」でした。
DSC00704.jpg
季節ごとにいろいろアレンジされてて楽しいです。

金剛には揚げ物として蕎麦のかき揚げがついてます。
天つゆといただきます。
DSC00927.jpg

メインのお蕎麦の行くまでに、この蕎麦尽くしっぷり。

前菜はそこまでお蕎麦は主張してきませんが、
蕎麦がきが淡泊なんやけど、ほっこり蕎麦の味がしてメインのお蕎麦がますます楽しみになります。


生粉打ち蕎麦 鴨のすき焼きせいろ(金剛)
DSC00929.jpg

DSC00930.jpg

「吉野」のお蕎麦は温冷選べます。
右下に写っているのは薬味皿なんですが、ご主人の手作りらしく印象的でした。
DSC00708.jpg


香ばしい香りがふわっとして、細いのにしっかりコシがあり
そば粉の甘みも感じる美味しいお蕎麦です。
量もちょうどいいのです。

さらに私たちが感動したのは蕎麦湯の美味しさ。
DSC00709.jpg
つゆで割らなくてもいいくらい濃厚でとろみがあって、体の芯から温まりました。

デザートも蕎麦尽くし♡(「吉野」のみ。)
DSC00931.jpg
生駒の蜂蜜がかかった、蕎麦粉が感じられるガレットの左には蕎麦茶のゼリー
中央は蕎麦アイス
下が本日のケーキと隣に蕎麦蜂蜜のマシュマロ蕎麦の生キャラメル

も~~~大満足です!!
※「金剛」は蕎麦アイスが付いてきます。

お蕎麦も味付けも美味しいし、こんな風にお蕎麦を楽しませてくれるお店は少ないです。

店名の「三たて」とは挽きたて・打ちたて・茹でたてのことで美味しい蕎麦の三条件だそうです。
春知は「しゅんち」と読んでくださいね。



三たて蕎麦 春知
〒630-0238
奈良県生駒市大門町555

TEL 0743-76-7674

営業時間 昼間:11:30~14:30 (ラストオーダー:14:00)
     夜間:17:30~21:00 (ラストオーダー:20:00)

定休日  火曜の夜と水曜日

夜の営業は、蕎麦会席と蕎麦御膳のみ。
単品の蕎麦はありません。
二名様より要予約


三たて蕎麦 春知



mio









sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。