FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凪cafe 斑鳩町

この記事はブロとものみ閲覧できます

三たて蕎麦 春知

少し前ですが、「三食、蕎麦でもOK」な蕎麦好きと行ってきました。

生駒山の中腹にある
三たて蕎麦 春知

車でしか行けないけど、なかなか細い山道を上がって行きます。
(電車は最寄りの近鉄南生駒駅からタクシーで10分前後かしら。)

こんな道です。対向車は待避ポイント選びが必要です。
DSC00718.jpg

無事に着いたお店の裏にある駐車場には謎のオブジェ・・・
DSC00920.jpg
これを見たら「運転お疲れ様」と言われた気になりほっとします。

場内には無人販売コーナーもあり、季節のお野菜やお花が売られてます。
DSC00918.jpg DSC00919.jpg
この日は安納芋と干し柿が美味しそうでした❤

築100年弱の古民家を改築したお店の玄関
DSC00933.jpg

中に入ると、土間を挟んでお台所と広~い客間があります。
DSC00932.jpg

DSC00711.jpg

二人で行ったのでお庭に面したお席に通していただきました。
DSC00698.jpg
全席掘りごたつで足も楽です。

DSC00694.jpg
お花や食器など細かいところも古民家の雰囲気が出てて
とっても落ちつくお店なんです。

さてさて、お昼は単品とそば粉を使った会席があります。
予約して行った方がベターでしょう。

会席の吉野、金剛の前菜
DSC00925.jpg
向かって右から「紫芋の蕎麦豆腐」「キノコとベーコンの蕎麦茶和え」「蕎麦粉とナッツのキュッシュ 塩麹」
そば粉のキッシュは厚揚げを焼いたような食感でした。

椀物は、もちろん蕎麦がき
鱧と松茸の土瓶蒸し風で温まります(´∀`)
DSC00926.jpg

夏に行った時は「タピオカの紫陽花仕立て」でした。
DSC00704.jpg
季節ごとにいろいろアレンジされてて楽しいです。

金剛には揚げ物として蕎麦のかき揚げがついてます。
天つゆといただきます。
DSC00927.jpg

メインのお蕎麦の行くまでに、この蕎麦尽くしっぷり。

前菜はそこまでお蕎麦は主張してきませんが、
蕎麦がきが淡泊なんやけど、ほっこり蕎麦の味がしてメインのお蕎麦がますます楽しみになります。


生粉打ち蕎麦 鴨のすき焼きせいろ(金剛)
DSC00929.jpg

DSC00930.jpg

「吉野」のお蕎麦は温冷選べます。
右下に写っているのは薬味皿なんですが、ご主人の手作りらしく印象的でした。
DSC00708.jpg


香ばしい香りがふわっとして、細いのにしっかりコシがあり
そば粉の甘みも感じる美味しいお蕎麦です。
量もちょうどいいのです。

さらに私たちが感動したのは蕎麦湯の美味しさ。
DSC00709.jpg
つゆで割らなくてもいいくらい濃厚でとろみがあって、体の芯から温まりました。

デザートも蕎麦尽くし♡(「吉野」のみ。)
DSC00931.jpg
生駒の蜂蜜がかかった、蕎麦粉が感じられるガレットの左には蕎麦茶のゼリー
中央は蕎麦アイス
下が本日のケーキと隣に蕎麦蜂蜜のマシュマロ蕎麦の生キャラメル

も~~~大満足です!!
※「金剛」は蕎麦アイスが付いてきます。

お蕎麦も味付けも美味しいし、こんな風にお蕎麦を楽しませてくれるお店は少ないです。

店名の「三たて」とは挽きたて・打ちたて・茹でたてのことで美味しい蕎麦の三条件だそうです。
春知は「しゅんち」と読んでくださいね。



三たて蕎麦 春知
〒630-0238
奈良県生駒市大門町555

TEL 0743-76-7674

営業時間 昼間:11:30~14:30 (ラストオーダー:14:00)
     夜間:17:30~21:00 (ラストオーダー:20:00)

定休日  火曜の夜と水曜日

夜の営業は、蕎麦会席と蕎麦御膳のみ。
単品の蕎麦はありません。
二名様より要予約


三たて蕎麦 春知



mio









ナチュラルキッチン nero

妊娠して以来食べ物に気を使う私に友人が
大和野菜を中心に、京都や奈良産の
新鮮野菜を扱ったお店に誘ってくれました。

ナチュラルキッチン nero
DSC00866.jpg

近鉄奈良駅からすぐ。
ビブレから東向き商店街に抜ける
小西さくら通りにあるビルの三階。
※一階はドーナツのフロレスタのお店です。

エレベーター降りて左手にお店がありあます。
店内は明るい陽射しがよく入ったテーブル席と落ち着いたカウンター。

DSC00868.jpg

木製の床やテーブル壁・・・
落ち着いているけど緊張しない優しい空間です。

ランチに行ったのですが(意外にも)男性客が多くいらしてました。
なんだかお気に入りのお店って感じでみなさん、通いなれた感じでした。

ランチメニューは
本日の洋食ランチ850円
黒いカレー800円
本日のパスタランチ800円
の三種類で
なるほど、迷う手間もないしお手軽なお値段でビジネスマンには便利そうですね

店内の黒板には夜にいただけるメニューとお野菜の産地
DSC00872.jpg
ワインも豊富だし夜も楽しめそうです。

洋食とパスタランチについてる「本日の小皿」が来ました。
DSC00873.jpg
影が入って見にくいですが、
スープとサラダにキッシュとごぼうのお惣菜がついてます。

本日の洋食のメインはカツレツ
DSC00874.jpg

パスタはミートボールのトマトソース
DSC00875.jpg
ミートボールはごろっと大きかったです。

どれも丁寧で化学調味料の味があまりしない
優しい味がしました。

店員さんも優しそうだし美味しかったのでまた行こう٩꒰ ˘ ³˘꒱۶~♥

写真撮り忘れましたが洋食とパスタランチについてくるパンも美味しかったです。
良いお店教えてもらった。ありがと~!

プラス100円で各ランチコーヒーが付けれるそうです。
英語メニューもあり、英語もスタッフ対応とのこと!


ナチュラルキッチン nero
〒630-8226
奈良市小西町8-1 ラフィーヌ東洋ビル3F

tel 0742-24-2055

営業時間 
ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー17:30~24:00(L.O.23:30)

定休日 月曜日

ナチュラルキッチン nero(ぐるなびに飛びます)

米粉パンとお菓子 睦実

SBSH0468.jpg
すっかりハマってしまいました。

米粉パンの「睦実」さん。

奈良高専の向かいのお店です。
和風のお店構えにこの綺麗な青緑色の布看板が目印です。
SBSH0467.jpg

割と小さな店舗ですが、イートインスペースもあります。
ショーケースに並ぶお皿の数々、テーブルや椅子たちは、おばあ様が大切にしていた品々だそう。
DSC_0650.jpg

パンの陳列はこんな感じ。
お好きなパンをトレイじゃなくて、かごに入れます。
SBSH0470_20121005144822.jpg SBSH0421.jpg
雰囲気あるでしょ。

こちらのパンとお菓子は、奈良県産の減農薬米から生まれた米粉でできています。
米粉ならではのもちもち食感と手作りの優しい甘さが独特です。

ちょっと変わったパンが多くて、
この可愛い形のパンは香ばし黒豆きな粉のクリームぱん 120円
胡桃入りの生地に香ばしい黒豆きな粉の豆腐クリームをはさんでます。
きなこクリーム

ほうじ茶あんぱん 160円
国産小豆の自家製餡がたっぷり入ったほうじ茶香るあんぱん。
ほうじ あんぱん

私が大好きな米粉ピザ 180円
自家製トマトソースに季節のお野菜をたっぷりのせて。
こちらはもちもち生地なんですが、私のようにトースターで温めるとカリッカリになります。
お好みでどうぞ。そして食べかけですみません^^;
DSC_0655.jpg

最後は~
これは手で半分にちぎりました。
奈良産ブルーベリーのクリームチーズパン
160円
くらいだったと思う・・。
DSC_0661.jpg
甘酸っぱい自家製ブルーベリージャムとクリームチーズがマッチ!

パン以外にも手作りお菓子もいっぱい♡
DSC_0653.jpg DSC_0651.jpg
右の脱原発クッキーは奈良 こどもの未来を守る会のお母様が手づくりで
九州産小麦やその他の材料も関東以南の産地の物でした。
売上金はカンパとしてこどもの未来を守る会の活動資金として使用されるそうです。

睦実さんは米粉以外も奈良で育った食材を使うように努力されています。
詳しくはHPをご覧ください。



駐車場は5台分くらいありました。


米粉のパンとお菓子 睦実
〒639-1053
奈良県大和郡山市千日町25-1

TEL&Fax/0743-55-6551

営業時間/10:00頃~17:30頃(パン・お菓子売り切れ次第終了)
定休日/月、火、日曜日
米粉のパンとお菓子 睦実




mio





ROKUちゃん

ROKUちゃんをご存知ですか?

私が思うに、奈良で一番かわいい「奈良キャラクター」
つまり「日本一かわいい」んです。

ROKUちゃん
roku.png
まずは彼のHPをご覧ください。

先日フェイスブックで初めて彼の存在を知り、一目ぼれ❤
興奮する私を知人が「ROKU STORE」に連れて行ってくれました。
ちなみにROKUちゃん、フェイスブックツイッターもしてます。

餅飯殿商店街内のオーケスト(スーパーマーケット)から
一本北へ、東角に古着屋さんがあります。
この看板が目印
DSC_0587.jpg
その角を東に入ります。細い路地です。
すぐに「手作りキャンドル canata conata」のお店があります。
DSC_0589.jpg

はい!そこを右!!
(南向き)
さらに細い路地があります。
そこにROKU SOTREはあります。
この看板が目印。
DSC_0590.jpg

なんて可愛いお店なんでしょう!
DSC_0591.jpg
窓ガラス一面に手書きのROKUちゃんとそのお友達が描かれています。

店内にはROKUグッズがいっぱい・・(۶•౪•)۶❤٩(•౪•٩)
DSC_0593.jpg DSC_0599.jpg
ステーショナリーや、バッグ、Tシャツ、マグカップなど。
どれも可愛くて店内で大興奮!

どれを買おうかと迷っていたら、ツボ♡なソックス発見!
DSC_0594.jpg
キッズサイズ~大人用25cmのショート丈、ロング丈の靴下。
社長さんの「その靴下、奈良県産なんですよ」の一言。

「まさか、それって・・・


広陵町????

「そうです。靴下といえば広陵町でしょ。」


キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!



わたし、何を隠そう実家が広陵町で、祖父母が靴下工場してたんです。
25年ほど前からすっかり靴下産業は下火になり、韓国産や中国産が市場を占めていますが
広陵町は日本一の靴下生産地!と小学校の時に習いました。
が、今調べたら「国内生産の4割を広陵町が占める」という説明でした。
6割はバラバラであることを祈ります。

そんなわけで、同年代の広陵町民は間違いなく
この靴下を買うでしょう!

広陵の靴下を置いてるなんて、ますます好きになってしまった結果
ファンクラブにも入会してきました。

会費2500円ですが、ROKUちゃんグッズが8掛けで買えます。
会員カードに、ステッカー、ROKUマガジン、バッジ、うちわも
入会特典でもらえました。
DSC_0607.jpg

ほんと大好きになっちゃった~ROKUちゃん。
もっと県内外にファンが増えることを願います★

奈良のお土産として、ROKUちゃん靴下
イチオシですよ!


ROKU STORE
〒630-8373奈良県奈良市南市町2-3
0742-94-5318
営業時間11:00 ー 19:00(変動あり)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。